1. HOME
  2. ブログ
  3. お仕事コラム
  4. 50代・60代のフォークリフトの仕事

お仕事コラム

人材業界のお役立ち情報

お仕事コラム

50代・60代のフォークリフトの仕事

「フォークリフト免許を今からでも取得したいけれど、いつまで仕事ができるか不安」、「シニア世代になっても資格を活かして仕事を続けたい」と考えている方向けに、50代・60代でも活躍可能なフォークリフトの資格についてまとめました。

フォークリフト免許の取得に年齢上限は無い

フォークリフト免許の取得、また運転には年齢の制限はあるのでしょうか?
フォークリフトの免許取得には、18歳以上という制限がありますが、国籍・性別・学歴は問わず受講が可能な資格です。年齢の上限に制限はなく、50代・60代でも免許の取得が可能なので、定年後も資格取得を目指せます。
また、資格取得後の運転にも年齢の上限の制限はないので、やる気さえあれば長く働くことができます。

50代・60代のフォークリフト求人はある?

フォークリフト免許を取得後、50代・60代でフォークリフトの仕事はあるのでしょうか?
定年は60歳が一般的ですが、公的年金の支給年齢は65歳からということもあり、65歳まで働きたいと考えている人は多く、基本的には本人が希望すれば、何歳まででも働くことができます。
中でもフォークリフトは運転に年齢の上限はないので、取得した資格を長く活かして、シニア世代になってもフォークリフトの仕事を続けたいと考える人は多いでしょう。
実際に現場でフォークリフトを運転している作業員の方の中に、50代・60代の方を見かけることがあります。
企業側も、運転技術の熟練したオペレーターに働いてもらいたいので、65歳・70歳まで再雇用制度がある職場もあります。
フォークリフトの求人でも、「50代・60代活躍中!」や「シニア歓迎」などと書かれている求人情報も目にすることがあるでしょう。
求人の年齢や定年は職場によって異なるので、長く働きたいと考えている方は、応募時にそれぞれの求人情報を確認するようにしましょう。

50代・60代には経験が必須?

50代・60代でフォークリフトの仕事を探す場合は、フォークリフト免許に加えて、実務経験の有無が重要となってきます。
フォークリフトの求人では、業務経験が必須という求人もあるので、資格を取得したら多くの現場で経験を積むと良いでしょう。
フォークリフトの仕事は、年齢などの条件よりも、経験のほうが重要視される傾向にあります。
フォークリフトの仕事では、重たい荷物や大きな荷物を扱うので危険を伴う作業がありますし、お客様の大切な荷物の破損などにも気を付けなければなりません。
そのため、企業側も、運転初心者よりも、運転経験が豊富で信頼できるオペレーターに仕事を任せたいと考える傾向にあります。
経験者であれば年齢に関係なく、50代・60代でもすぐに活躍できる場合があるので、フォークリフトの免許を取得したら、できるだけ早く、できる限り多くの現場で、さまざまな経験を積むことで、その後の活躍の場が広がります。

フォークリフトの求人情報を確認しましょう

フォークリフトの仕事に興味が湧いてきたら、フォークリフトの求人情報を確認してみてください。
【グリーンカプセルコーポレーション】では、フォークリフトの求人情報を多数掲載中です。
求人情報の詳細には、カウンタータイプ、リーチタイプなど使用するフォークリフトの種類や、「50代まで歓迎」や「60代のフォークマンも在籍」など、年代や作業者の年齢層が書いてあることもあります。
フォークリフトの求人情報は、応募時期によって急募の案件や、条件の良い求人はすぐに応募人数が埋まってしまうこともありますので、こまめにチェックすると良いでしょう。
実際にどんな求人情報があるか知りたい方は、【グリーンカプセルコーポレーション】でフォークリフトの仕事を探してみて下さい。

https://anken.greencapsule.jp/

関連記事